衆議院の議席のいすの下には、防災ずきんが用意されている?
国会議事堂

衆議院の本会議場の天井には、明かりとりのステンドグラスがはめ込まれています。
万一、地震などでステンドガラスが割れて、議場に降りかからないとも限りません。

そこで、1986年(昭和61年)に、議席の下に防災ずきんが備えつけられるようになりました。

参議院本会議場には、ステンドグラスはないため、防災ずきんは用意されていません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
世界の金持ちペット、ベスト10
「e-黒板」とは?
えっ! 顔を赤く塗るのが化粧のルーツだった?
船の名前の最後には、何故「丸」がつく?
えっ? 変速エスカレーターは、内部が変形して速度を変える?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告