とっておきの手段という意味の「奥の手」とは、実は左手のこと?
手

人は、めったに見せない極意やとっておきの手段は、「ここぞ!」というとき以外は使わないものです。

古来、日本では右より左の方が尊いと考える思想がありました。
これが左手と結びつき、この普段は使わない手段を、「奥の手」と表現するようになりました。

また、他の説としては、「奥」とは、ものの最後を意味する言葉で、この「奥」と「うまい手」というように手段を意味する「手」を合わせて、「最後に出すうまい手段」の意味で「奥の手」という言葉が誕生したというのもあります。

参考にしたサイト
「奥の手」の「奥」とは何なのでしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411273899
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「厄年」とは?
布団を干したあとの「お日様の匂い」が、実はダニの死臭だったって本当?
脳細胞は、70歳を過ぎても増える?
クラゲの針は、意外と高度な仕組み?
天気予報電話サービスの「177」は、大隈重信の電話番号だった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告