カーディガンは、戦争から生まれた?
子供の頃、看護婦(看護師)さんや、担任の女性の先生が軽くはおっていたカーディガン。
その姿が、淡い思い出となって残っていたりするものです。
前あきの薄手のセーターで、ちょっと寒いときや、脱いでも邪魔にならない機能的なデザインで、愛用者も多いです。

ところがこのカーディガン、実は戦場で生まれたものです。
包帯だらけの負傷兵が、楽に着たり脱いだりできるように考えられたものなのです。

考案者は、イギリスの陸軍軽騎兵旅団長の第7代カーディガン伯爵ジェイムズ・ブルデネル(James Brudenell, 7th Earl of Cardigan、1797年10月16日 - 1868年3月28日)という人物で、名前もそのまま残っています。

第7代カーディガン伯爵
カーディガン伯爵
写真は、こちらからお借りしました。

あの清楚なイメージのカーディガンが戦争から生まれたとは、歴史とは皮肉なものです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「シールド工法」は、フナクイムシからヒントを得た?
「ホワイトリスト」とは?
「立つ鳥跡を濁さず」は本当?
コピー機は、静電気で動いていた?
6フィート以上の男性が世界をリードする?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告