ワーグナーの「結婚行進曲」は、実は別れの曲?
結婚式の披露宴で、新郎新婦の登場時に必ずといってよいほど流れるのが、ワーグナーの「結婚行進曲」です。

が、西洋では不吉なとして、この曲が結婚式で使われることはありません。

結婚式の テーブル

この曲は、ワイマール宮廷劇場で初演された歌劇「ローエングリン(Lohengrin)」の中で演奏された曲であり、忌み嫌われる理由はこの歌劇のストーリーにあります。

主人公のローエングリンは、自分の名前や身分を明かさないという条件で、皇女(こうじょ)エルザと結婚します。
が、エルザはその約束を破ってしまい、翌朝ローエングリンは彼女の元を去っていくという悲劇なのです。

このような悲劇の曲を、人生で最大の晴れ舞台といわれる「結婚式」で使っているのは、日本だけです。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
演奏に、18時間以上かかる曲があるって本当?
最も良く使われる漢字は?
「二十世紀ナシ」は、二十一世紀になったら「二十一世紀ナシ」になる?
「HDMI」とは?
インドネシアとモナコは、国旗のデザインが同じ?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告