タラバガニには、足が何本ある?
タラバガニ

普通、カニといえば、10本の足があるものですが、タラバガニの場合はちょっと違います。
というのは、タラバガニは蟹類ではなく、ヤドカリの一種なのです。

ということで、8本が正解です。
もっとも、より正確にいえば、甲羅の中にごく小さな2本の足があります。

それにしても、カニの王者といえる、あの立派なタラバガニがヤドカリの仲間とは、一体どこで区別するのでしょうか?

これは、主として生殖器の位置によります。
カニの仲間は、メスは胸に生殖口があるのに対して、ヤドカリの仲間は足のつけ根にあるのだそうです。
オスの方は、カニは腹部に交尾器を持つのに対して、ヤドカリの仲間は足のつけ根に精子を出す穴があるのだといいます。

つまり、交尾のときの体位がカニとはまるで違うわけです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
フランスでは、死者との結婚が認められている?
オナラも地球温暖化の原因?
電子メールで使われる「@」のルーツは、英語の「at」ではなく、古代ギリシャの素焼きのツボ「amphora」の頭文字?
海に接していない県はどこ?
宇宙人でも検索できる、Googleの「クリンゴン語」表記?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告