家計簿を見てから盗む気配り泥棒?
家計簿

日本人が発展途上国で生活する場合、一番困るのは、使用人にお金や宝石を盗まれることだそうです。
彼らは、貧乏人が金持ちからお金を盗んでも罪とは考えないらしいので、罪の意識はまったくないのです。
そのため、とにかく家中の引き出しに鍵をかけて防止するのだそうです。

この事件の犯人も、きっと発展途上国の泥棒だったのかも知れません。
彼は、盗みに入ると、真っ先に家計簿を探し、その家の家計の程度を調べます。
そして、多少とも余裕の感じられる家庭でなくては、いっさい盗みを働かなかったのです。たとえ、リッチな家庭であっても、給食費や治療費、光熱費などには絶対に手をつけませんでした。

その代わり、お金がうなっているような家からは、遠慮なくありったけの現金や金目のものをいただいていました。

ちなみに、彼の1日あたりのノルマは10万円。週休2日、週に5日働いたとして月収200万円。
ちょっとうらやましい気もします。
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
冷蔵庫の中から、現金200万円出現?
盗品を自慢してお縄になったコレクター?
見事に強盗を撃退した、その方法とは?
砂糖泥棒の意外な素顔は?
現金40億円を盗んだ、あっぱれな強盗?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告