うしの刻参りは、殺人罪になる?
わら人形 呪い

恨みもたまりにたまると、よく「呪い殺してやる!」などと口走ります。
が、これを実行した場合は、はたして罪に問われるものなのでしょうか?

かつて、滋賀県でこんな事件がありました。
夜毎、家の玄関にのろいの紙人形が…。

この紙人形は、「うしの刻参り」の一種で、相手を呪い殺すためのものだといいます。
いくら迷信と分かっていても、このような人形を毎晩玄関先に置かれる者の身になれば、気分は晴れません。

そこで、当事者が警察に相談したところ、こうした犯罪(?)は、”迷信犯”あるいは実際には不可能な犯罪であるところから、”不能犯”とよばれ、摘発の対象とはみなされておらず、せいぜい、他人の家に無断で入り込む”家宅侵入罪”が適用されるくらいだといわれたとのこと。

つまり、相手を呪い殺そうとしても、無罪だということになります。
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
同時に6人の女性と結婚した男のたぶらかし方とは?
スピード違反を激減させた、粋なアイディアとは?
奇怪な死、吸血鬼に殺された男とは?
婦警さんとスリの深い深い絆とは?
えっ、いたずらネコに死刑の判決?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告