ピサの斜塔は、最初から傾いていた?
ピサの斜塔

イタリアのピサの斜塔は、200年をかけて14世紀末に完成した鐘塔(しょうとう)ですが、工事着工から10年目の時点で、すでに傾き始めていました。
そのため、設計変更や修復がたびたび行なわれて、工期が長引きました。

上部の二層は、傾斜のバランスをとるため、下層部の傾きとは逆方向にわざと傾けた構造になっています。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「光沢剤」とは?
茶碗の足は、安定性を高めるためについているわけではない?
「けんちん汁」とは?
「近江八景」とは?
合成甘味料には『甘いワナ』が?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告