童話集・シンデレラの「ガラスの靴」は、本当は「毛皮の靴」だった?
シンデレラ

世界的に有名な童話「シンデレラ」ですが、このシンデレラのお話しで欠かせないものと言えば、「ガラスの靴」でしょう。

が、これは筆写や翻訳過程のミスで、原典では「毛皮(英語でvair)の靴」だったものが、「ガラス(フランス語でverre)の靴」となってしまいました。

もちろん、初めは誤訳とはいえ、毛皮の意味だろうと気づいた作家も多かったと思われますが、物語としては「ガラスの靴」の方が美しいため、そのままガラスの靴として童話「シンデレラ」の必須アイテムとなっていったものと推測されます。

また、他の説としては、作家シャルル・ペローが意図的にガラスに変えたというものもあります。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「マジックナンバー」とは?
Googleが、月の地図を公開?
にんにく注射には、ニンニクは入っていない?
台湾では、バレンタインデーが年に2回ある?
「働きバチ」は、あまり働かない?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告