江戸時代のお金「寛永通宝」は、昭和28年まで使えた?
寛永通宝(かんえいつうほう)は、日本の江戸時代を通じて広く流通した銭貨で、寛永13年(1636年)に創鋳、幕末まで鋳造されました。

寛永通宝の形状は、円形で中心部に正方形の穴が開けられたもので、表面には「寛・永・通・宝」の文字が、上・下・右・左の順番で刻印されています。材質は、銅製の他、鉄、精鉄、真鍮製のものがありました。

寛永通宝
寛永通宝
写真は、こちらからお借りしました。

銅または真鍮製の寛永通宝は、明治維新以後も貨幣としての効力が認められ続け、昭和28年(1953年)末まで、真鍮4文銭は2厘、銅貨1文銭は1厘硬貨として法的に通用していました。

寛永通宝が通貨として実際に使用されたのは、明治中期頃までと推定されています。

参考にしたサイト
『江戸時代のお金「寛永通宝」は昭和28年まで使えた-雑学まとめサイト
http://t.twicolle.com/no466.html
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
太宰治は、芥川賞を選考委員に懇願していた?
ビタミンB3、B4もある?
サッカーボールのデザインの秘密は?
「七宝」とは?
忠犬ハチ公は2代目?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告