電球の発明者エジソンが死んだとき、追悼の意を込めて、全米が1分間電気を消した?
発明家 エジソン
写真は、こちらからお借りしました。

トーマス・アルヴァ・エジソン(Thomas Alva Edison 1847年2月11日 - 1931年10月18日)は、その生涯において、約1300もの発明をしたアメリカの発明家、起業家です。

エジソンはまた、蓄音器(ちくおんき)、白熱電球、活動写真など、人々の生活を一変させるような重要な発明をいくつも行なったことで知られており、1922年、75歳の時には、「ニューヨーク・タイムズ」紙の投票で「最も偉大な生きているアメリカ人」に選ばれました。

エジソンは、1931年10月18日に、ウェスト・オレンジの自宅で84歳の生涯を閉じます。
葬儀にはアメリカ国内だけではなく、世界各地から多くの人々が集まりました。

エジソンの葬儀が催された1931年10月21日、全米ではエジソンの功績を讃え、彼の死を弔(とむら)うために、午後10時から1分間電灯が消されました。

そして、その翌日、「ニューヨークタイムズ」紙は、

「太平洋岸から大西洋岸まで全米の津々浦々に渡って何百万人もの人々が昨夜電気を消すことでトーマス・エジソンの死に追悼(ついとう)の意を表した…その時間は1分間に及んだ」

と報じました。


ちなみに、エジソンが言ったとされる「天才とは1%の才能と99%の汗のことである」という有名な言葉がありますが、これはエジソンに取材した記者のアレンジで、本当は、エジソンが言いたかったのは以下のようなことです。

「1%のひらめきがあれば、99パーセントの無駄な努力をしなくてもよいのだよ」

参考にしたサイト
発明王エジソン-小山発明クラブ
http://oyamahatumei.michikusa.jp/inventoredison.html
エジソンの名言、「天才とは1%のひらめきと99%の努力」は誤訳でした
http://www.cocoro-skip.com/jinbutsu/60002.html
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
男性の新厄年は50代前半?
富山県では、正座することを「チンチンかく」という?
梅干やレモンは、何故アルカリ性食品?
「厄年」とは?
世界初、究極のガラス製CDの音質は?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告