仰天! 1ヶ月で3万人蒸発のミステリー?
蒸発

「神隠し」という言葉をご存知でしょうか?
ある日突然、子供が姿を消してしまう。どこを探しても見つからない。
昔の人々は、”きっとこれは神様の仕業に違いない”と思い、このような事象を神隠しと呼びました。

もちろん、そのうちの多くは、誘拐されたり、事故にあったりしていたケースなのですが、人々の目には奇怪な現象として映っていたのです。

さて、かつてアメリカで、たくさんの中年男性がわずか1ヶ月の間に蒸発してしまうという現象がおきました。
これは、アメリカの人口調査当局の発表によるもので、1989年の10月に、全米で45歳から54歳までの中年の男性が、3万人も蒸発してしまったといいます。

会社からも家庭からも姿を消してしまった彼らの多くは、仕事上のトラブルも、家庭内での問題も抱えていない、ごく普通のサラリーマンでした。しかも、蒸発後、だれ一人として姿を現したものはいないというので、これはまさにミステリーです。

いったいどうしてこんなことがおきたのか。SF小説であれば宇宙人にさわられたなどというところなのでしょうが、真相はまったく不明です。
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
リンカーンとケネディーの暗殺には共通点があった?
鼠小僧の墓前で御用になった万引き男?
(今ここ)仰天! 1ヶ月で3万人蒸発のミステリー?
牛は6人では運べない?
「皆さーん、この先でネズミ捕りをやってるよ!」

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告