上野公園にある西郷隆盛の銅像脇の薩摩犬は、番犬ではなくウサギ狩りの猟犬だった?
薩摩犬は、古くから薩摩の猟犬として活躍していましたが、西郷隆盛もこの犬を愛し、「ツン」という名前のメス犬をよくかわいがっていました。

東京・上野公園にある西郷隆盛の銅像脇の薩摩犬は、番犬ではなくウサギ狩りの猟犬で、この銅像は西郷隆盛が愛犬「ツン」とウサギ狩りに行く姿を描いたものです。

この西郷隆盛像は、仏師・彫刻家である高村光雲(たかむら こううん)が、犬は彫刻家である後藤貞行(ごとう さだゆき)が製作したものです。

上野の西郷隆盛像
上野の西郷隆盛像
写真は、こちらからお借りしました。

が、この銅像の作成時、ツンは死んでいたため、海軍中将の仁礼景範(にれ かげのり)のオス犬が、この銅像のモデルとなっています。


ちなみに、以下は西郷隆盛の地元である鹿児島市にある西郷隆盛像。

鹿児島市の西郷隆盛像
鹿児島市の西郷隆盛像
写真は、こちらからお借りしました。

こちらは、鹿児島出身の彫刻家安藤照が制作したもので、近衛兵の習志野演習(千葉県)で、雨中に明治天皇のテントを終夜警衛した西郷隆盛の姿を描いたものといわれています。
安藤照は、渋谷の忠犬ハチ公像の作者でもあります。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
理髪店の看板の模様の由来は?
日本人は、高い音が好き?
飛行機の座席番号には、アルファベットの「I」がない?
いらなくなった、古いナンバープレートはどうなる?
木陰が涼しいのは、「陽射しを遮るから」だけではない?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告