パフェとサンデーは、フランス生まれかアメリカ生まれかの違い?
パフェ

喫茶店で見かけるパフェとサンデーは、よく似たアイスクリームデザートで、違いがよく分かりません。
それもそのはず、違いといえばフランス生まれかアメリカ生まれかくらいしかありません。

パフェは、1910~20年代にフランスでつくられたフルーツムース(fruit ousse)がルーツです。
「これ以上ない最高のデザート」ということで、フランス語で「完璧な」を意味する「parfait(パルフェ)」として世界中に広まりました。

一方のサンデイは、1890年代にアメリカで登場。
日曜日に限って売られたことから、日曜日の「サンデー(sunday)」が名前になりました。
が、キリストの安息日をそのまま名前にするのは不謹慎ということで、綴りが「sundae」に変えられました。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
理想的な鼻のプロポーションとは?
約100万年後、琵琶湖は日本海とくっついてしまう?
偽札を警察に届けたら、損をする?
かつてキャラメルは、禁煙のための大人のお菓子だった?
花粉症で鼻水が大量に出たときは、水分を補給する必要がある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告