世界初のキャビンアテンダントは、看護師だった?
飛行機

世界初のキャビンアテンダントが誕生したのは、1930年(昭和5年)のことでした。
飛行機に初めて乗る客が多く、緊張で気分が悪くなる人がいました。

そんなとき、適切な処置をしてくれる看護師がいれば安心できるという考えから、看護師がキャビンアテンダントとして採用されたのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
脳細胞は、70歳を過ぎても増える?
理想的な鼻のプロポーションとは?
「HTML」とは?
右手で招く猫と、左手で招く猫がいる?
「リダイレクト」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告