涙は、感情の種類によって、味が変化する?
人は、悲しいときだけではなく、うれしいときにも笑ったときにも涙を流すことがあります。
が、実は涙の成分は、そのときの感情によってそれぞれ異なるといいます。

喜び、悔しさ、怒りを感じたときに出るは、量が少なく、塩化ナトリウムを多く含むので、塩辛くなります。

感動したときに出る涙は、水分が多いため、サラサラとして味が薄く、あまり塩辛くなりません。

【「たまごっち」に涙】
「たまごっち」に涙
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
羊の肉を使った焼肉料理を、何故「ジンギスカン」と言う?
時差は何故ある?
ビタミンB3、B4もある?
イギリスの春は、ライオンのようにやって来る?
日本で最初に発売された缶ジュースは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告