「お茶を濁す」とは、安いお茶を上等な抹茶に見せかけること?
抹茶

かつて、抹茶は貴族や僧侶だけが楽しむ特別な飲み物でした。
室町時代以降は、庶民の間にもお茶が浸透していきましたが、それは抹茶ではなく、当然安価なお茶でした。

それを、何とか上等な抹茶に見せかけるため、お茶をかき混ぜ、濁(にご)らせたのです。

そこから、、いい加減にその場を繕(つくろ)ってごまかすことを「お茶を濁す」というようになりました。
語源・由来
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「彼女に振られた」の「振る」は、「振袖」の袖を振ることから?
スキーのジャンプ競技に出てくる「K点」の意味と語源は?
「おかめそば」の語源は?
おまじないの「ちちんぷいぷい」は、オナラの音だった?
「二束三文」の語源は?

広告

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告