新幹線は、東京から北京までを結ぶ壮大な計画から始まった?
1964年(昭和39年)に開通した東海道新幹線ですが、その計画の原型は、1940年(昭和15年)の帝国議会で承認された「弾丸列車計画」にまで遡(さかのぼ)ります。

これは、最高速度をもつ電気機関車、もしくは蒸気機関車を使って、東京から下関までつなげた線路を、海底トンネルを使って、釜山(プサン)まで結ぶという壮大な計画でした。

弾丸列車に使用される予定だった機関車の構想図
幻の弾丸列車計画

が、太平洋戦争が始まったために、1943(昭和18)年にこの計画は立ち消えとなりました。


ちなみに、東海道新幹線には急カーブが多いですが、これは当時の列車の最高速度が130kmで、この速度で走る限りカーブはあまり問題にならなかったためではないかと思われます。
おそらく、まさか列車の最高速度が300kmの時代が来るとは、当時の関係者には想像出来なかったのでしょう。

当時の世界最速列車は、南満州鉄道のアジア号(パシナ型と呼ばれる蒸気機関車)で、最高速度は前述したように130kmでした。

パシナ型蒸気機関車
パシナ型
写真は、こちらからお借りしました。

参考にしたサイト
幻の弾丸列車(1940年)
http://shinkansen50.jp/history/history_02.html
なぜ東海道新幹線は急カーブなのでしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1255055962
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
気温が下がると、固まるはちみつと固まらないはちみつがあるのは何故?
クマのぬいぐるみの「テディーベア」のモデルは、アメリカの大統領?
「ポリアンナ症候群」とは?
サッカーボールのデザインの秘密は?
日本の携帯の絵文字が、今や世界標準になってきている?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告