日本最初のカレーの具は、ポークやビーフではなくカエルだった?
カレー

1872年(明治5年)に刊行された、日本で最古と思われるカレーレシピには、チキン、エビに加えて、なんとアカガエルまで具にするように記されています。

カレーのルーツはもちろんインドですが、日本に伝わってきたのはイギリスからでした。
このときすでに、具としてビーフやポークが入れられていたのですが、当時の日本人には、そうした肉を日常的に食べる習慣がありませんでした。

そのため、代わりにカエルが用いられたのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
布団を干したあとの「お日様の匂い」が、実はダニの死臭だったって本当?
「黙秘」して、何も言わなかったらどうなる?
「笑う門には福きたる」は、科学的にも正しかった?
世界一広い地下空間は?
虫歯があると、宇宙飛行士になれない?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告