アジサイの名前は、シーボルトの愛人の名前?
アジサイ 紫陽花

ハイドランゲア・オタクサ(hydrangea otaksa)。
江戸時代末期、長崎に滞在していた医師・シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold, 1796年2月17日 - 1866年10月18日)が名づけたアジサイの学名です。

滞在中、シーボルトは1人の遊女と恋に落ちました。
その彼女の名前は、「楠本瀧(くすもと たき)」※。
が、彼は「お瀧さん」と発音できず、「オタクサ」と呼んでいました。

シーボルト肖像画(川原慶賀筆)
シーボルト
写真は、こちらからお借りしました。

そしてシーボルトは、それまでヨーロッパにはなかったアジサイを紹介する際、学名に瀧の名前をつけたのです。


※楠本瀧は、長崎銅座跡の商人・楠本左兵、きよの四女として生まれましたが、丸山町遊女の源氏名「其扇(そのおうぎ)」として、日本人の出入りが極限されていた出島にてシーボルトお抱えとなり、彼との間に私生児としてイネを出産しています。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
2つの県にまたがる珍しいホテルがある?
ツルは、何故一本足で立つ?
新婚旅行は、何故ハネムーンと言う?
テレビ中継で、こちらの声が少し遅れるのに、相手の声はすぐ聞こえるのは何故?
皇族には、何故苗字がないのか?

広告

雑学 | Comments(1) |
コメント
無題
オウムに覚えさせる言葉といえば「オタケサン」なのも、シーボルト発祥。
| 2015-01-09 金 14:43:57
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告