郵便ポストは、もともと黒かった?
日本の郵便制度は、1871年(明治4年)に始まりました。
初期の郵便ポストは木製で、脚付きの台の四角い箱をのせた書状(手紙)を集める箱であることから、「書状集め箱」(しょじょうあつめばこ)という名前でしたが、黒いことから「黒塗柱箱(くろぬりはしらばこ)」と呼ばれていました。

黒塗柱箱
黒塗柱箱
写真は、こちらからお借りしました。

昔の郵便ポストは、黒かったのです。

が、夜になるとよく見えなくなることから、1901年(明治34年)に赤色のポストが登場しました。

そして、これが評判となり、正式に赤いポストが設置されるようになったのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
正月に御節料理を食べる意味は?
クレヨンとクレパスの違いは?
「交番」の始まりは?
パンクしても、走行できるタイヤがある?
日本で2番目に高い山は何?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告