血液型のO型は、もともとC型だった?
血液型 プロフィール

血液型のO型は、最初はC型でした。
実は、1901年にカール・ラントシュタイナー (Karl Landsteiner 、 1868年 6月14日 - 1943年 6月26日)によって血液型が発見された当時は、A型、B型、C型(現在のO型)の3つに分類されていたのです。

が、このC型は、A型、B型いずれの抗原物質をも持たないことから、やがて0(ゼロ)型と呼ばれることになりました。

そして、この0(ゼロ)が、アルファベットのO(オー)と間違えられ、「O型」として世に普及しました。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「浦島太郎」の主人公が助けたカメは、アカウミガメのメス?
象の耳は、何故あんなに大きい?
「七福神」とは?
フォークの先は、何本に分かれている?
「宇宙ゴミ」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告