カボチャは、「カンボジア」が訛(なま)ってできた言葉?
カボチャ

16世紀頃、日本に入ってきたカボチャは、カンボジア産ということで、当初「カボチャ瓜」と呼ばれ、それが訛って「カボチャ」と呼ばれるようになりました。

また、カボチャは漢字で南瓜と書きますが、これは「南蛮渡来の瓜」という意味です。

ちなみに、日本全国各地には、冬至(とうじ)にカボチャを食べる風習が残っています。
しかしながら、この風習は江戸時代の記録にはなく、明治時代以降の風習とされています。

また、日本では女性の好きな物として、江戸時代から「芝居・コンニャク・イモ・タコ・南瓜(なんきん)」が挙げられることがありました(落語『親子茶屋』など)。

参考にしたサイト
カボチャ・南瓜(かぼちゃ)-語源由来辞典
http://gogen-allguide.com/ka/kabocha.html
語源・由来
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「バイキング」の語源は?
「やじろべえ」の語源は?
「思うつぼ」の語源は?
東京都足立区の「足立」の語源は?
「草津」の語源は、「臭かった」から?

スポンサーリンク

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)