初夢に見ると縁起が良いとされる「一富士(ふじ)、二鷹(たか)、三茄子(なすび」は、六まで続く?
初夢に見ると縁起が良いとされる「一富士(ふじ)、二鷹(たか)、三茄子(なすび)」ですが、このあとは、「四扇(おうぎ)、五煙草(たばこ)、六座頭(ざとう)」と続きます。

扇の広がりは、財産や子孫繁栄を表わし、タバコは、煙が上がることから出世・栄達を表わしています。
そして、茄子と座頭は毛がないので、「怪我ない」としゃれて、家内安全を表わしています。

ちなみに、室町時代ごろから、良い初夢を見るには、七福神の乗っている宝船の絵に「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな(長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音の良きかな)」という回文の歌を書いたものを、枕の下に入れて寝ると良いとされています。

鳥山石燕『百器徒然袋』より「宝船」
宝船
写真は、こちらからお借りしました。

これでも悪い夢を見てしまった時には、翌朝、宝船の絵を川に流して縁起直しをします。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「アウトレット」とは、どんな店?
折れたバットは、リサイクルされて箸になる?
レコードのシングル盤の穴は、何故大きい?
「除菌」「殺菌」「消毒」の違いは?
「e-黒板」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告