「鏡開き(かがみびらき)」とは?
鏡餅 鏡開き

鏡開き(かがみびらき)とは、正月に神(年神)や仏に供えた鏡餅(かがみもち)を下げて食べる、日本の年中行事です。
神仏に感謝し、またその供えられたものを頂いて無病息災(むびょうそくさい)などを祈い、汁粉・雑煮などで食します。
鏡開きは、鏡割り(かがみわり)ともいいます。

武家では、鎧(よろい)などの具足(ぐそく)に供えた具足餅を下げて雑煮にして食べ、これを「刃柄(はつか)」を祝うといい、また女性が鏡台に供えた鏡餅を開く事を「初顔」を祝うといいました。
鏡開きは、この武家社会の風習が一般化したものです。

鏡餅を刃物で切る行為は切腹を連想させるので、手や木鎚で割り、また「切る」「割る」という忌み言葉を避けて、鏡餅を「開く」という言葉を使用します。
鏡は「円満」を、開くは「末広がり」を意味し、また鏡餅を頂くことを「歯固め」といいます。
これは、硬いものを食べて歯を丈夫にし、年神様に長寿を祈るというもので、鏡餅のほか、大根・押し鮎(あゆ)・勝栗(かちぐり)などを食します。

鏡開きを行なう日にちは、地域や土日祝日の関係で異なることがありますが、 一般的には1月11日です。
関西では1月15日に行なわれることが多く、 京都や近隣の一部の地域では、1月4日に行なわれます。

また、「鏡開き」という言葉は、俳句の季語となっています。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
カップ麺の待ち時間が「3分」なのは何故?-麺が伸びず、ワクワク待てる時間
フランスでは、死者との結婚が認められている?
ヘアピンの一万年の歴史とは?
時計のディスプレイは、何故10時10分?
現在、健康器具として知られているルームランナーは、もともと拷問用器具だった?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)