缶詰は、発明された当時、ハンマーと鑿(のみ)であけていた?
缶詰

缶詰は、ナポレオンがフランス人兵士向けの携帯食料として、新たな食品貯蔵法を懸賞金つきで募集し、それに応募したニコラ・アペール(Nicolas Appert)のアイディアが採用されたことが始まりです。
今のようなブリキ製の缶詰は、1810年(文化7年)、イギリスのピーター・デュランド(Peter Durand)によって作られました。

一方、缶切りは、1858年、アメリカ合衆国のエズラ・J・ワーナー(Ezra J. Warner)によって、缶詰に突き立て、引き廻し開ける缶切りが発明されました。

それでは、缶切りが発明されるまでの約50年間、缶詰はどうやってあけていたのでしょうか?

1824年、イギリスの探検家が北極の探検に子牛の缶詰を持って行きました。
その缶詰には、「鑿(のみ)とハンマーで上面を丸く切ること」という使用説明がついていました。

缶切りが登場する前は、缶詰はそんなふうにしてあけていました。
また、戦場では、ナイフで切り裂いたり、銃で撃ったりしてあけていました。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
日本茶の湯のみに、取っ手がないのは何故?
8本足の「タコイカ」はタコ? それともイカ?
スキヤキは戦場で生まれた?
「アメリカンコーヒー」は、”薄いコーヒー”ではない?
平安時代の女流作家を生んだのは、秋の長雨?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告