女性専用車は、明治時代から存在していた?
電車 女性専用車

今でこそ珍しくない女性専用車ですが、このアイディアは意外にも早く、明治時代から始まっていました。

1910年(明治43年)頃の中央線沿いは、名門の女子高が多く、多くの女子学生が利用していました。
車内でラブレターを渡したり、話しかけたりする男子生徒が多かったため、当時の学習院院長だった乃木希典(のぎまれすけ)が、鉄道院に働きかけ、婦人専用車両が設けられました。

これは当時、現在よりもずっと男女交際が厳しく制限された時代だったことを物語っています。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ケミカルライトは、蛍の光がモデルだった?
スウェーデンでは、かつて小さなシラミで市長を決めていたことがある?
「オンラインオフィス」とは?
自由の女神のモデルはアラブ人だった?
茶碗の足は、安定性を高めるためについているわけではない?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告