ボクシングのサンドバッグの中には、砂は1粒も入っていない?
サンドバッグ

「サンドバッグ」は、直訳すると「砂袋」になるので、当然砂が入っているのかと思いきや、実は砂は一粒たりとも入っていません。

ボクシング用品メーカーによれば、砂では、長く吊るしている間に袋の底の砂が固くなってしまうとのことで、それを打つとを傷めてしまうため、砂はサンドバッグの中身には向かないのです。

実際には、サンドバッグの中には、細くしたフェルト、メリヤス、ナイロン生地、スポンジなどが詰められています。

実は、このサンドバッグというのは和製英語で、正しい英語は、

Punching Bag(パンチング バッグ)

です。

Sandbagというと、その名の通り、Sand(砂)の入ったBag(袋)という意味で、洪水をせき止めたりするときに使う土嚢袋(どのうぶくろ)を指します。

日本でのみ「サンドバッグ」と呼ぶようになったのは、1920年代に日本にボクシングが入ってきた際、当時の練習生が中に何をつめて良いのか分からず、砂を詰めたことに由来しています。

が、間もなく砂では手首を痛めると分かり、中身を変えたのですが、名前だけがそのまま残ったのです。

また、変わったところでは、「サンドバッグ」の中に水や液体を入れた物も存在します。
これは、つめられる内容物によって、重量・硬さを調整しているのです。

参考にしたサイト-Yahoo! 知恵袋
サンドバッグには本当に砂が入っているのですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212277912
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
枕木には、何の木が使われている?
日本銀行は、「円」の形をしている?
昆布は、何故海の中でだしが出ないのか?
日本茶の湯のみに、取っ手がないのは何故?
バナナの種は、どこにある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告