赤十字の旗は、何故スイスの国旗に似ている?
J・H・デュナンといえば、赤十字結成の父として歴史に名を残す偉人のひとりです。
1859年イタリア統一戦争下の、ソルフェリーノを旅し、多く負傷者を目撃したことから国際赤十字の必要性を感じとったといいます。

国際赤十字は、1846年にスイスのジュネーブで結成されました。
その旗は、その名の通り白地に赤い十字でしたが、これはスイスの国旗とちょうど反対の色づかいになっています。

スイス 国旗
スイスの国旗

赤十字 旗
赤十字旗
写真は、こちらからお借りしました。

これは、国際会議の開催などのいろいろな面で援助し、デュナンの祖国でもあったスイスに対する敬意の表われからでした。
永世中立国として、第一次、第二次世界大戦も徹底して不戦を貫いた、スイスならではのことです。

参考にしたサイト
スイス国旗と赤十字旗の関係-国旗にまつわる備忘録
http://www.kokki-memorandum.com/no19.xhtml
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
大昔の日本人は、カタツムリをおししく食べていた?
小岩井牧場は、創設者3人の苗字からつけられた?
始祖鳥の羽は「ハエ叩き」だった?
郵便ポストは、もともと黒かった?
硬貨には、何故製造年の刻印がある?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)