たばこのニコチンの量は、どうやって調整している?
タバコ ニコチン

たばこに含まれるニコチンの量は、銘柄によって違いますが、どうやって調整しているのでしょうか?

ニコチンの量は、

1.原料の葉タバコ
2.フィルター
3.フィルターの外の紙
4.巻紙

の組み合わせにより、総合的に調整されています。

葉タバコは、品種改良でニコチン含有量の少ないものを開発、フィルターは吸着率によって吸い込むニコチンやタールの量を加減しています。
また、フィルターの紙と巻紙にはごく微細な穴があいており、喫煙者にこの穴から外の空気を吸い込ませることで、ニコチンの濃度を下げます。

なお、たばこの外箱に書かれた表示値は一本あたりの平均値で、誤差は上下10%以内に収まっているようです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「メンヘラ」とは?
日本で最初に発売された駅弁は?
元が日本を侵攻できなかったのは、搬送中に馬が弱ってしまったからだった?
ドライアイスから立ちのぼる「煙」の正体は、二酸化炭素ではない?
「定礎」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告