ナイフとフォークを交差させる理由は?
ナイフとフォークを 交差

日本で、一時フォークの背にライスを乗せて食べるのが洋食マナーとする説が、疫病のように流行したことがあります。
このような食べ方をするのは、世界広しといえど日本だけのようで、今考えると、そんなマナーをどこの誰が考え出したのか、笑止千万です。

さて、食事がすんだら、皿の上にフォークとナイフを交差させて置きます。
これは、覚えておいて損はないマナーです。
発祥も明らかで、この習慣は、17世紀のイタリアで始まったといわれています。

ただ、今日では、食べ終わったことを知らせる合図と思われているこのマナーも、イタリア貴族が始めた当初は、もっと別の意味がありました。

この、交差して置かれたナイフとフォークは、宗教的なシンボル、すなわち十字架を表わすものであり、神の恵みに感謝する敬虔(けいけん)な行為だったのです。

参考にしたサイト
ご飯をフォークの背(裏)に乗せて食べる作法-大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/0513/129657.htm
ナイフとフォークを交差させて置くのはシンボルだった
http://linguaitaliana.k.asablo.jp/blog/2011/07/02/5937800
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「何人たりとも死んではならない」という法律が、ブラジルにある?
トレンチコートの意外な用途?
日本初の女優養成所は、床屋の2階だった?
「火事場の馬鹿力」はどうして出る?
タツノオトシゴは、オスが子供を生む?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告