フグは、どうやってふくれっ面になる?
フグ

イカやタコは、敵に遭遇するとスミを吐き、ハリネズミは針を逆立て、スカンクは強烈(きょうれつ)な臭いを発する…。
厳しい自然界を生き抜くためには、動物たちはさまざまな威嚇(いかく)手段や防御手段を身につけていますが、その中でユニークなのがフグのふくれっ面でしょう。

攻撃目的で何かを発するのではなくて、ただただ自分の身をふくらませて相手を驚かせるとは、かなりとぼけた魚ではありませんか。

フグは、自分の体積の3倍近くもふくれることができるといいますが、一体全体、どうしてそんなことができるのでしょうか?

実は、彼らには体の表面を守るウロコも、内臓を保護する肋骨(ろっこつ)も存在しないのです。
そのため、海水を胃の中に送り込んで、体を膨らませることが可能なのです。

フグは、この身体構造を利用してエサを探すこともあります。
砂地などに潜っている小動物を探す時、胃の中に水をいっぱい吸い込んで、一気に噴射するのです。
ふくれっ面にも、いろいろな利用法があるというわけです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「近江八景」とは?
お菓子の焼型から靴底へ?
「定礎」とは?
ミミズは、バックできない?
大昔の日本人は、カタツムリをおししく食べていた?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告