しらす干しとちりめんじゃこと小女子(こうなご)の違いは?
しらす干し

しらす干しとちりめんじゃこと小女子(こうなご)は、違う魚なのでしょうか?

まず、「ちりめんじゃこ」というのは、イワシ類(カタクチイワシ・マイワシ・ウルメイワシ・シロウオ・イカナゴなど)の仔稚魚を食塩水で煮た後に、天日などで干した食品のことです。
ごく小さな魚を平らに広げて干した様子が、細かなしわをもつ絹織物のちりめん(縮緬)を広げたように見えることからこの名があります。

つまり、ちりめんじゃこというのは食品名であり、魚の名前ではありません。
ちりめんじゃこに使われている魚そのものは「しらす」といい、しっかり干されていないものは、その名で呼ばれる場合もあります。
なので、しらす干し=ちりめんじゃこ、と考えて良いでしょう。

次に、「こうなご」というのは、イカナゴの別名で、スズキ目ワニギス亜目イカナゴ科の魚類です。
形がカマスに似ていることから、「カマスゴ(加末須古)」と呼ばれることもあるようです。
こうなごの稚魚は、地方によっていろいろな呼び名があり、東日本で「コウナゴ(小女子)」、「シンコ(新子)」、成長したものは北海道で「オオナゴ(大女子)、東北で「メロウド(女郎人)」、西日本では「フルセ (古背)」、「カマスゴ(加末須古)」、「カナギ(金釘)」などと呼ばれています。

イカナゴという名の由来にはいろいろな説がありますが、イワシ類のシラスによく似た稚仔魚をさして、「如何なる魚の子か」という意味から、というのが一般的です。
また、こうなごの稚魚に「小女子」とか「女郎人」などの漢字が当てられるのは、細長くて華奢な姿形から女性のイメージが強いため 、と言われています。

ちなみに、ちりめんじゃこはカタクチイワシの仔魚が用いられることが多く、牛乳と共にカルシウムを多く含む食品の代名詞ともなっています。

カタクチイワシの仔魚イカナゴ(こうなご)の仔魚
カタクチイワシの仔魚イカナゴの仔魚

参考にしたサイト
しらす干しとちりめんじゃことこうなご(こなご?)の違い-Yahoo! 知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1322024668
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「学問の神様」菅原道真は、実はギリギリで試験に合格していた?
太陽でフレアが起きると、地球で嵐が起こる?
「銀座」の本家は、実は京都だった?
毎日見ているXPの、あの「草原」は実在する?
四つ葉のクローバーは、何故幸運の象徴とされる?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)