塀に書いてある鳥居マークの由来は?
鳥居

塀に鳥居のマークが書いてあるのをみかけることがあります。
昭和50年代には、道路沿いの木塀のところをみると、ちょうど膝くらいの高さに鳥居のマークが良くありました

これは、マークそのものの意味としては、おなじみ神社の鳥居ですが、これが塀に書かれてある場合には「立ち小便お断り」を意味します。
神社の鳥居におしっこをかけるような罰あたりなことをする者はいないだろうと、このマークが書かれているのです。

長唄のひとつになっている「大原女(おおはらめ)」の時代から、このマークは使われていました。
京都の大原女は、頭に木工品などを乗せて売り歩いていましたが、その途上、頭の上のものを落とさないように塀に向かって立ちションをしました。
彼女たちは、膝までしかない木綿がすりを着ていて、下着はつけていませんでした。
なので、立ったまま処理するのはそう難しいことではありませんでした。

が、あちこちで立ち小便をされるのは、京都の町人にとっては迷惑な話。
そこで、堀のある家では、「立ち小便お断り」の意味で、堀に神社の鳥居のマークを書くようになりました。

が、これは酔っぱらいにはまったく通用しないようです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ゴキブリは、人間の10倍の速さで走る?
えっ! 乾杯は毒殺防止から始まった?
昆虫は、死ぬと何故あお向けになる?
花火は、ポルトガル人によって伝えられた?
盲導犬に命令するとき、何故英語を使う?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告