六角形の色鉛筆がないのは何故?
色鉛筆

普通の鉛筆も色鉛筆も、芯(しん)は丸いのですが、芯を包んでいる外側の木鞘(きざや)は同じ形をしていません。
普通の鉛筆はたいてい六角形ですが、色鉛筆は、ほとんどが芯と同じ丸い形をしています。

これは、形こそどちらも丸く、一見同じに見えるその芯に違いがあるためです。

鉛筆の芯は、黒鉛と年度の粉末混合物を焼いたものです。
一方の色鉛筆の芯の方は、ロウと粘土と白堊(はくあ)などに絵具を混ぜたもので、芯は太いものの、折れやすいのです。

色鉛筆の木鞘を六角形にすると、芯と木鞘までの距離に長い部分と短い部分ができます。
そうすると、軟らかい芯を保護しきれないというわけです。

ちなみに、鉛筆が六角形をしているのには、もうひとつ理由があります。
この六角形は、机の上から転がり落ちないようにするためのストッパー代わりになっているのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
江戸時代の「初鰹」の値段は、月給並みだった?
ポテトチップス用のじゃがいもの皮は、やすりではがしていた?
中国では、秀才になるためにクルミを食べた?
空は、何故丸く見える?
ポカリスエットとアクエリアスの違いは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告