缶詰のフタの丸いデコボコは?
缶詰

加工した魚や肉、野菜などをブリキ缶に詰め、加熱殺菌したうえで密封したものが缶詰。
この缶詰は、あのナポレンが食糧保存用に開発させたといわれています。

日本では、明治4年に松田雅典が作ったイワシの油漬けが最初で、以来中身のメニューは豊富になりましたが、その外見はほとんど変わっていません。

どの缶詰にも、必ずフタと底の部分に丸いリングがついており、このリングは、「エクステンション・リング」と呼ばれています。

缶詰を加熱殺菌すると、中の空気と水が気化します。
すると、その高い圧力により缶は膨張し、終わると元に戻ります。
エクステンション・リングは、こうした激しい変化に耐えられるようにするとともに、缶が変形しないための補強リングの役目をも果たしています。

そしてその後、テコの原理を応用し、このリングに引っかけるタイプの缶切りの出現を助けることになるのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
血液型のO型は、もともとC型だった?
ICタグには、アンテナがついていた?
大酒のみは、麻酔が効かない?
カップ麺の待ち時間が「3分」なのは何故?-麺が伸びず、ワクワク待てる時間
中国では、秀才になるためにクルミを食べた?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告