カレイやヒラメは、何故寄り目?
多くの魚の中には、見分けるのが非常に難しいものが存在します。
その代表格は、カレイとヒラメでしょう。
あまりに似ているせいか、「左ヒラメに右カレイ」という言葉があるくらいです。

カレイヒラメ
カレイヒラメ
写真は、こちらからお借りしました。

では、そもそも何故カレイやヒラメは、寄り目になったのでしょうか?
それには、海底への定着化がありました。

カレイやヒラメは、海底の砂の中に体をうずめて、餌が来るのを待ちます。
砂の中に隠れやすくするために、体が平べったくなり、そして目の方も、餌を見やすくするために一方に寄ったのです。
これは、生きる環境に対応した、体の変化なのです。

実は、カレイやヒラメも、生まれたばかりの時は、普通の魚と同じように体が平らでもなければ、目も左右に分かれています。
が、体が大きくなるに従って、体の扁平化と目の移動が始まるというのですから、驚かされてしまいます。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
正露丸は、軍人の常備薬だった?
日本で最初に発売された駅弁は?
バレンタインデーの始まりは?
レンコンには、何故穴がある?
子供の生まれにくい土地がある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告