マンホールの蓋は、何故円い?
マンホール

道路を歩いていると、ふと目にするマンホール。
近年では、市町村ごとにシンボルマークを入れたりと、なかなか凝ったデザインのものも登場しているようですが、変わらないのはその円い形。

地下に埋め込まれるコンクリートブロックは立方体でも、その上にある蓋だけは円形。

円は、人一人が出入りするのに、最も効率のよい形だといえますが、マンホールの蓋が円いのは、実はそのためだけではありません。
中に入って作業をする人の、安全確保のため、それが理由です。

もしもこの蓋が、正方形や長方形だったなら、万一ずれたとき、穴の直径が蓋の直径よりも大きくなってしまう場合があります。
そうなると、作業員の頭上に鉄製の蓋が落下する危険が生じます。

が、蓋が円形であれば、円の直径はどこをとっても同じ長さ。
穴よりも蓋の直径が大きければ、当然落ちるようなことがないわけです。

マンホールの蓋ひとつを造るにも、作業員の安全など、重要な要素が考慮されているのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
敬老の日は、もともと「としよりの日」だった?
鼻の頭が赤いのは、酒飲みの証拠?
ビル風は、防風林の仕組みで防いでいた?
「出羽三山」とは?
バラには、何故トゲがある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告