ヘアピンの一万年の歴史とは?
ヘアピン

いわゆるUピンが登場する前。ギリシアやローマの女性は、髪を止めるために、装飾用の長いストレートなピンを使っていました。
このピンは、形も機能も、現代の未開民族が使っている細い動物の骨や植物の茎とそっくりの棒状でした。

古代アジアの墓地から、多くのヘアピンが発掘されており、中には飾りが施してあるものもありますが、どれも形はシンプルなストレートピンで、1万年もの間、ヘアピンの形は変化しなかったことになります。クレオパトラが愛用したヘアピンも、象牙製で長さ17cmのものだったといいます。

それが、200年かけてU型のボビーピンに変身していきます。そのきっかけは17世紀のフランスの宮廷で、カツラが大流行したことで、カツラをしっかりとかぶるために、髪を短くするか、ヘアピンでしっかり止める必要があったからです。

18世紀に、イギリスでボビーピンと呼ばれるようになり、19世紀には現在の強化ワイヤーに黒ラッカーを塗ったものが大量生産され始めます。これで、1万年以上もの歴史をもつストレートピンは、すたれてしまったのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「Retinaディスプレイ」とは?
選挙の投票用紙は、いつまで保管されている?
日本で一番低い土地は、海抜170メートル?
以下の虫偏の漢字を読めますか?
羊の肉を使った焼肉料理を、何故「ジンギスカン」と言う?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告