新幹線のスカートの形の威力?
新幹線2

1964年(昭和39年)に、東海道新幹線が開通しました。
当時は、東京・大阪間を3時間ほどで結ぶ、新交通路に国民全体が沸き返ったものでした。
今では、上越・東北新幹線等も開通し、どんどん鉄道のネットワークが広がりつつあります。

さて、この新幹線の前頭車両をよく見ると、スカートのスソを広げたような形の鉄板がついていることが分かります。
これは、線路上の障害物をはじき飛ばす排障害装置といわれるものです。
厚さ16ミリの鉄板を6枚重ね合わせて作られたもので、重さが2トン以上あり、この重さとスカートのスソが、障害物をはじき飛ばし、車両を守るのにベストな形なのです。

スカートのほか、小石などの小さな障害用の補助排障器や、台車にも排障器が取りつけられ、二重、三重に守られている構造となっています。

また、上越・東北線の車両には、スノープラウ(雪かき装置)も取りつけられています。

このスカートの威力はかなりのもので、これがあるおかげで、重さ100キロ以上ある物も、簡単にはじき飛ばしてしまうといいます。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
布団を干したあとの「お日様の匂い」が、実はダニの死臭だったって本当?
世界で最初に、地球の大きさを測ったといわれるエジプトの学者は誰?
カタカナ語を漢字で書けますか?
馬でマラソン中継をした、第1回オリンピック大会?
NHKの受信料を、合法的に拒否するには?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告