星座の形は、少しずつ変化している?
太古の昔から、星座は世界中の人々の心を引きつけてきました。星座と聞けば、男性であっても何となくロマンチックな気持ちになるものです。
ことに、星座の名前や形を覚えて星座を眺めたりすると、心が洗われたようになるものです。

実は、この夜空にまばたく1つ1つの星座は、少しずつですが動いています。
このことを最初に発見したのは、イギリスのハレーです。
1718年に、ギリシアの天文学者ヒッパルコスが紀元前1世紀に測定した結果と、彼が測定した結果とを比べたところ、おおいぬ座のシリウスがヒッパルコスとハレーの測定とで約0.5度ずれていることが判ったのです。

また、その後の研究で、星はそれぞれ固有の運動をもつことが判明しました。
つまり、星座の形も星の動きによって変化していくということが分かったのです。

そうなると、今、水がめ座、てんびん座、いて座などといっている星座も、いずれは名前の由来が分からなくなるほど、とんでもない形になってしまう可能性もあるわけです。

北斗七星の形の変化(20万年前と現在と20万年後)
北斗七星の形の変化(20万年前と現在と20万年後)
写真は、こちらからお借りしました。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
チューインガムは、古代マヤ人が発明したものだった?
コピー用紙を43回折ることができれば、月に届く距離になる?
競走馬は、何故骨折すると殺されてしまう?
世界最古の広告は、「奴隷を捕まえてくれ!」?
えっ! 顔を赤く塗るのが化粧のルーツだった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告