バラには、何故トゲがある?
バラ

トゲのないバラを作った人がいます。
バラの育成にかけては世界有数の名人、鈴木省三氏(すずき せいぞう、1913年 - 2000年:京成バラ園芸 所長)がその人です。
そのきっかけは、氏のもとに目の不自由な女性から、

「私もバラを(触って)楽しんでいます」

という点字の便りを寄せられたことに始まりました。

鈴木氏は、目の不自由な人のために、香りがひときわ強く、トゲのないバラを作り出し、この便りの主に贈ったのです。

さて、バラのトゲは、茎葉が変形したものです。これは、草食動物にムシャムシャ食べられないように、必死の自己防衛のための進化といわれています。
花から茎まですべて食べられてしまうよりは、はるかに生き残る可能性が高くなるからです。

ノイバラなどのトゲには、ほかにも木や支柱にからみついて成長していくときに、トゲがあった方が引っかかりやすく、伸びていきやすい、という利点もあります。

トゲといえば、「きれいなバラにはトゲがある」などと、嫌味ないい方がありますが、トゲにも存在理由があることを忘れてはいけません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
不景気だと車のフロントガラスが割れる?
畳の大きさは、どのように決まった?
ポイントカードで、文字が書き換えられる仕組みは?
海苔を売る店で、お茶も扱っているのは何故?
結婚式の祝膳に、よくハマグリが出るのは何故?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告