畳の敷き方にも、理由がある?
畳

昔ながらの日本家屋には、優れたところがたくさんあります。
中でも畳は、「畳の上で死ねたら本望」などという言葉があるくらい、日本人の生活様式の中に深く染み込んでいます。

さて、この畳の敷き方には一定の法則があります。
どこを見ても六畳間や四畳半など、すべて一通りか二通りの敷き方しかされていません。

その法則とは、隣り合う四枚の畳の角が、決して一か所に集まらないようになっているということことです。

このような敷き方をするようになった背景は、畳の縦と横を一直線にそろえて、碁盤目のようになっているお寺の本堂の敷き方と区別をするだめだったようです。

また、一説には、畳のふちに縫いつけてあるヘリの直線を効果的に配置して、美的な調和を作り出そうとしたためともいわれています。

決定的な説は見あたりませんが、西洋の居室に比べて調度品もシンプルな日本間においては、この四隅の畳の角を合わせない敷き方が、非常にマッチしていることは確かです。

最近は、若者の間では洋間の方が人気があるようですが、畳も日本の風土に合った良さがあるのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
乾電池に張ってあるビニールは無駄?
静止衛星は、何故空中で止まっていられる?
日本茶の湯のみに、取っ手がないのは何故?
「指きりげんまん」は、嘘をつくと針1000本飲まされるだけでなく、さらに1万回殴られる?
土星や木星のガスは、ロケットで通り抜けられる?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告