ウマは、かつては「ウマ面」ではなかった?
馬

長ーい顔のことを、「ウマ面」といいますが、当のウマは、かつては長くはなかったようです。

すべての生物は、環境によって進化し、進化に乗り遅れたものは絶滅してしまいます。
ダーウィンの「種の起源」などを読むと、これが自然の摂理(せつり)であることが分かります。

ウマも、環境に見事に適応し、顔を長くしていきました。
ウマの先祖は、ヒラコテリウムという犬に似た森林動物で、主にやわらかい木の葉を食べていました。

それが、2500年前に森林からあぶれた種が今度は草原を生活の場としました。
しかしながら、食料である草原の草は、森林にあるものよりもはるかに硬く、消化しにくいものばかり。

そこで、必要になったのが大型で太く、丈夫な石臼(いしうす)状の歯。
そして、その大型の歯を乗せるアゴが、長くなっていったのがウマ面だったというわけです。

キリンや牛も確かに顔が長くはなりましたが、反芻(はんすう)胃を持ったため、ウマほど一生懸命草をかむ必要がなかったのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
献血が、いつもいつも呼びかけられているのは何故?
演奏に、18時間以上かかる曲があるって本当?
三月三日、五月五日、七月七日は、すべて同じ曜日になる?
「キーン・コーン・カーン・コーン」の学校のチャイムは、ロンドンのビッグ・ベンの鐘の音と同じ?
クジャクの羽は、何故目玉模様?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告