タキシードは、燕尾服の尻尾の部分を切った形?
タキシード

タキシードというと、ずいぶん堅苦しいイメージをもつ服ですが、実はその発祥は、堅苦しいどころか、むしろラフな服でした。

その昔、アメリカのニューヨークに、G・ロリラードなるイベント仕掛け人が住んでいました。
彼は、さまざまな集まりを催しましたが、その集まりの名称を、自宅近くにあったタクシード公園にちなみ、「タクシード・クラブ」と呼んでいました。

さて、ある大舞踏会を計画していたときのことです。
当時は、舞踏会といえば燕尾服(えんびふく)が常識でしたが、彼は、気楽に会を楽しんでもらうために服装をよりラフにしてしまおうと考え、カウズというイギリスの室内着を改良した新しいデザインの服を考案します。
これが、燕尾服の尻尾の部分を切った形だったのです。
そして、この服が、会の名前をとって「タキシード」と名づけられ、この服はアメリカ中に広がっていきました。

タキシードのデザインのもともとの形は、「堅苦しい燕尾服よりも気楽な礼服を」というものでしたが、面白いことに、現代人の感覚からいえばむしろ逆に「堅苦しいタキシードよりも気楽な燕尾服を」で、このあたりに当時と現代の服装のデザインに関する感覚のズレが見られて興味深いです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
中国では、秀才になるためにクルミを食べた?
「君が代」は、実はヘブライ語で書かれていた?
「松・竹・梅」は、そもそも優劣を表わす言葉ではなかった?
宝くじには税金がかかる?
2880年3月に、世界は終わる?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告