カップヌードルの容器がもつ、優れた機能とは?
カップヌードル
写真は、こちらからお借りしました。

カップめんを1度も食べたことはない人などいないと思わせるほど、カップめんは日常的な食べ物となっています。
そのカップめんの元祖であり代表作でもあるのが、日清食品の「カップヌードル」。
実は、1971年に初めて発売されて以来、終始変わらぬあの容器の形には、「カップヌードル」の試行錯誤が秘められています。

「カップヌードル」開発のきっかけは、1958年に同社が開発した「チキンラーメン」を、海外でも受け入れられるものにしようとしたことに始まりました。
しかしながら、箸やどんぶりを使わない欧米では、「チキンラーメン」は馴じみません。
フォークを使って食べる、新しい容器の開発が必要となりました。

そんな折、同社の創業者の安藤百福(あんどう ももふく)は、訪問先のアメリカで、固形スープを紙コップに入れてお湯を注いで飲み、あとは紙コップを捨ててしまう光景を見ます。
これが容器使い捨てのインスタンチラーメンのヒントになります。

一見、何の変哲もない「カップヌードル」の容器ですが、あれは調理器、保存器、食器の3役をこなす実に多機能な容器で、あの形にたどり着くまでには、お湯が冷めにくい、手に持ちやすい、持っても熱くない、軽い、などさまざまな要求を満たさなければなりませんでした。

そしてその結果、材質は発泡スチロールに決定、持ちやすく、めんが一様に仕上がるように底がすぼまったデザインを選択。
しかも、3分間待つ間に、容器の上下で温度差ができてしまう問題を解決するため、めんの密度を「上を密に、下を粗く」、という具合に工夫してあるといいます。

当たり前に思える「カープヌードル」も、綿密に計算されているのです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
電話番号が、すべて”0”から始まるのは何故?
「ワシントン条約」とは?
バブルジェットプリンターは、実験中のハプニングから生まれた?
世界で最初に、地球の大きさを測ったといわれるエジプトの学者は誰?
バーコードの番号だけで値段は分かる?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)