すり鉢の筋の本数にも、歴史的変遷?
すり鉢

すり鉢は、平安時代から用いられるようになりました。
が、この頃は内側の筋が現在のものよりも少なく、10本ぐらいずつ4~5列ほどついている程度だったようです。

こうして作られただんごは、「粢(しとぎ)」と呼ばれて、神前に供えられました。
米の粉を水で溶いて、すり鉢ですり込む。そのためには筋が少ない方が使いやすかったからです。

その後、平安時代も終わり頃、米を水につけずに乾燥したままで、この料理を作るようになりました。
そして、現在のように内側全面に筋のついたすり鉢ができたのです。

初めは、筋のない鉢でただ混ぜるだけだったのですが、やがてこねるという料理法が編み出され、さらに、細かくすりおろすようになりました。

かくして、時代とともに料理法が発達し、それに従ってすり鉢の筋の本数も増えてきたわけです。
これはまさに、生活の知恵といえるでしょう。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
スキージャンプの選手は、何故怪我をしない?
「あいうえお」の配列はいつから使われている?
薬局と薬店の違いは?
月は、かつて2つあった?
ロケットは、作用反作用の法則で飛んでいた?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)