ポケット洋酒ビンは、誰の発明?
洋酒 ビン

「必要は発明の母」といわれますが、その1つが旅行のときなどに重宝するウイスキーのポケットビン。
これをまず必要としたのは誰でしょうか?
それは、アル・カポネでした。

アル・カポネといえば、1920年代のアメリカ・ギャングの超大物ボス。
禁酒法の下、FBIの目を盗んで酒を密売し、大もうけをしました。
そして、そのために考え出されたのが、この携帯ボトルでした。

樽詰めや普通のボトルでは、大きくて目立ちすぎます。
が、このビンなら小さい上に、弓形にそっているので、ポケットに入れると、太ももにぴったりフィットして目立たなかったのです。

1919年に施行された禁酒法をかいくぐり、キャバレーやレストランなどが客に酒を出すことができたのも、アル・カポネの苦心の作であるこのポケットビンのお蔭だったのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ラジオの蒸気機関車の音は、大根おろし器の音?
「働きバチ」は、あまり働かない?
ビデオで見るより、映画館がやっぱりおもしろいわけは?
相撲番付に書かれた「蒙御免」の正体は?
宇宙空間では、人は風邪をひかない?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告