宇宙人が登場する最初の小説は?
宇宙人

世界で初めて書かれた、宇宙人が登場する小説は、紀元前2世紀にギリシアのルアキノス(Loukianos、120頃-180頃)が書いた「イカロメニッポス」(空を飛ぶメニッポス)だそうです。
これは、哲学者メニッポスが、神話のイカロスよろしく、両手に羽根をつけて空を飛び、月へ、さらには天界へと赴き神々に会う話です。

では、日本ではと言うと、平安時代に書かれた、あの有名な作者不詳の「竹取物語」になるようです。
主人公のかぐや姫こそが、月の住人、つまり宇宙人だったのですね。
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「近江八景」とは?
保釈金の額は、どのように決められ、どう使われる?
カールは、油であげていない?
「四苦八苦」とは?
えっ? 氷は電子レンジで加熱しても解けない?

広告

雑学 | Trackback(0) | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告