えっ? 童謡「赤い靴」の女の子は、異人さんについていかなかった?
パティオ「きみちゃん像」
パティオ「きみちゃん像」

1922年(大正11年)に発表された、

「♪赤い靴(くつ) はいてた 女の子~」

で始まる、野口雨情(のぐち うじょう)作詞・本居 長世(もとおり ながよ)作曲の有名な童謡・「赤い靴」。

この「赤い靴」には、モデルが実在していました。
北海道に開拓民(かいたくみん)として入植(にゅうしょく)した鈴木夫婦の子供で、「きみ」という女の子です。

鈴木夫婦は、きみが3歳のときに、アメリカ人宣教師(せんきょうし)チャ-ルス・ヒュエット夫妻のもとへ養子に出しました。
そしてその後、宣教師が帰国したという噂(うわさ)を耳にします。
そのため、「異人さんにつれられていっちゃった」という歌詞が生まれたわけです。

が実は、きみちゃんはその後、重い結核(けっかく)を患(わずら)い、東京の教会の孤児院(こじいん)に引き取られたあと、わずか9年後に亡くなっていました。

そして彼女は、今も東京の青山墓地に眠っています。

きみちゃん像 説明板
きみちゃん像 説明板
上記2枚の写真は、こちらからお借りしました。

つまり、「赤い靴」の女の子は、アメリカには渡っていないのです。

ちなみに、「異人さん」というのは、外国人を意味する言葉ですが、この言葉は幕末から明治にかけてよく使われました。


参考:「赤い靴」 歌詞

1. 赤い靴(くつ) はいてた 女の子
異人(いじん)さんに つれられて 行っちゃった

2. 横浜の 埠頭(はとば)から 汽船(ふね)に乗って
異人さんに つれられて 行っちゃった

3. 今では 青い目に なっちゃって
異人さんの お国に いるんだろう

4. 赤い靴 見るたび 考える
異人さんに 逢(あ)うたび 考える
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
リンカーン大統領は、11歳の少女の助言でヒゲを生やしたって本当?
Abraham_Lincoln
写真は、こちらからお借りしました。

アメリカの第16代大統領、エイブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln、1809年 - 1865年)。

リンカーンは、1809年2月12日に、アメリカのケンタッキー州で生まれました。
そして、37歳のときに連邦下院議員(れんぽう かいんぎいん)となり、国政に進出。
51歳で共和党から大統領に出馬しました。

この選挙中、リンカーンは1人の少女から手紙をもらいました。
彼女の名前はグレース・ベデル(Grace Greenwood Bedell Billings、1848年 - 1936年)。
その手紙には、以下のように書かれていました。

「あなたのお顔はやせすぎなので、ヒゲを生やしたほうが見栄えが良くなると思います」

グレース・ベデル
Grace Bedell

これを読んだリンカーンは、彼女のアドバイスに従って、ヒゲを生やします。
すると、そのイメージチェンジの効果もあってか、選挙に勝利。

かくしてリンカーンは、アメリカ史上はじめて、ヒゲを生やした大統領となったのでした。

参考にしたサイト
Grace Bedell: Abraham Lincoln grew beard after girl, 11, wrote to him and said 'all the ladies like whiskers' | Daily Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2240765/Grace-Bedell-Abraham-Lincoln-grew-beard-girl-11-wrote-said-ladies-like-whiskers.html
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
「カフェオレ」と「カフェラテ」のそもそもの違いは?
カフェオレ スマイル

「カフェオレ」と「カフェラテ」。
この2つは、そもそもどこが違うのでしょうか?

「カフェオレ」がフランス語であるのに対して、「カフェラテ」はイタリア語。
どちらも、「ミルクが入ったコーヒー」という意味です。

この2つの1番の違いは、そのコーヒー部分です、
比較的浅煎(い)りの豆をこしたドリップコーヒーを使うのがカフェオレで、深煎りの豆を高い圧力で抽出(ちゅうしゅつ)したエスプレッソコーヒーを使うのがカフェラテです。

「そもそも、コーヒーというのは何物ワンか?」
コーヒーと 犬
写真は、こちらからお借りしました。

そして、コーヒーとミルクの分量(割合)にも違いがあります。
一般的に、カフェオレは50:50でほぼ同量を入れるのに対して、カフェラテはエスプレッソを使うため、20:80とミルクの量がかなり多いのが特徴です。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
えっ? 佐々木小次郎にとどめを刺したのは、宮本武蔵の弟子たちだった?
巌流島の 決闘

二刀流を編み出したことで知られる剣豪・宮本武蔵。
そして、秘剣燕返し(つばめがえし)の使い手・佐々木小次郎。
この2人が対決した「巌流島の決闘(がんりゅうじまのけっとう)」といえば、劇や小説、マンガなどにもたびたび描かれてきました。

1612年(慶長(けいちょう)17年)4月13日。
約束の時間に遅れてきた宮本武蔵は、自分の刀の鞘(さや)を海に投げた佐々木小次郎に、

「小次郎敗れたり!」

といい放ち、抜いた刀を戻すところがないのは、勝つ意志がないのと同じと皮肉ります。
そして、櫂(かい)を削って作った武蔵の木刀の一撃が、小次郎の脳天を砕(くだ)いて死に至らしめ、武蔵は巌流島をあとにします――。

こうした巌流島の決闘のイメージは、吉川英治(よしかわ えいじ、1892年(明治25年) - 1962年(昭和37年))の書いた小説・「宮本武蔵」に由来するものですが、この小説のそもそもの原資料となったのは、「二天記(にてんき)」という伝記です。
しかしながらこの伝記は、実は、宮本武蔵が亡くなってから、100年以上も後に書かれたものでした。

ところが近年、巌流島の決闘を許可した細川家家老・沼田延元の業績を記した「沼田家記」が見つかりました。
これによれば、巌流島の決闘の仔細(しさい)は、以下のようだったといいます。

武蔵にやられた小次郎は、脳震盪(のうしんとう)を起こして気を失いますが、しばらくして息を吹き返します。
すると、師匠の果たし合いの現場を見にやって来た武蔵の弟子たちが、これは大変と、小次郎にとどめを刺したのです!

武蔵と小次郎の決闘の様子、今までの常識とは違う新しい史実です。
細川家は記録を大事にする家で、武蔵に関する記録は、現在細川家に伝わるものが唯一の公文書となっています。
これが本当となると、話は大分変わって来ますね。

参考にしたサイト
巌流島の決闘 | 備後歴史雑学
http://rekisizatugaku.web.fc2.com/page170.html
雑学 豆知識
スポンサーリンク


雑学 | Comments(0) |
アップル社のリンゴマークが欠けているのは何故?
アップル リンゴマーク

Mac、iPad、iPhoneなど、洗練されたデザインの商品で知られるアップル社。
そのロゴは、ご存知の通り「リンゴ」です。

これは、ニュートンがリンゴの木の下で万有引力を発見したという故事(こじ)に由来しているのだといいます。

さて、このリンゴを良く見ると、右側が欠けたデザインになっています。
これは、何故なのでしょうか?

この理由には諸説あります。
このリンゴは、旧約聖書で「アダムとイブ」が食べた禁じられた果実で、噛(か)んだあとは知恵の象徴であるという説や、「bite(かじる)」と「byte(単位のバイト)」をかけているという説があります。

また、サクランボと間違えられないようにと、単純にデザイン上の理由でこのようになったという説もあります。

「単純なものに真実がある」という言葉があります。
してみると、このサクランボ説、意外と当たっているかも知れません。
語源・由来
スポンサーリンク


語源・由来 | Comments(0) |
 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)